糖尿病薬の薬品名・作用機序・副作用【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】

糖尿病に使われる薬は、
スルホニル尿素(SU)薬
ビグアナイド(BG)薬
αグルコシダーゼ阻害(αGI)薬
チアゾリジン(TZ)薬
速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬)
DPP4阻害薬
GLP-1受容体作動薬
SGLT2阻害薬
などである

食事療法や運動療法を2,3カ月行っても血糖値の改善が見られない場合は、血糖値を下げるための薬物療法の開始を検討します。
この記事では、インスリン注射薬以外の糖尿病の薬について薬品名、作用機序、副作用を簡単にまとめました。

理解しやすいようにイラストもつけてあります。
参考にしてください。

スポンサーリンク

スルホニル尿素(SU)薬

スルホニル尿素(SU)薬の作用機序

薬品名

  • グリメピリド(商品名:アマリール)
  • グリベンクラミド(商品名:オイグルコン、ダオニール)
  • グリクラジド(商品名:グリミクロン)

作用機序

膵臓のランゲルハンス島のβ(ベータ)細胞と呼ばれる場所に作用し、インスリン分泌を促します。

副作用

効果が大きい分、低血糖を起こしやすい薬です。

ビグアナイド(BG)薬

ビグアナイド(BG)薬の作用機序

薬品名

  • メトホルミン(商品名:メトグルコ)

作用機序

①筋肉や脂肪細胞にブドウ糖を取り込ませやすくさせます(インスリン抵抗性改善作用)

②肝臓で糖が作られるのを抑制します。(糖新生抑制作用)

③腸からブドウ糖が吸収されるのを抑制します。(糖吸収抑制)

副作用

副作用として乳酸アシドーシスと呼ばれる重大なものがあります。

スポンサーリンク

αグルコシダーゼ阻害(αGI)薬

αグルコシダーゼ阻害(αGI)薬の作用機序

薬品名

  • アカルボース(商品名:グルコバイ)
  • ボグリボース(商品名:ベイスン)
  • ミグリトール(商品名:セイブル)

作用機序

ブドウ糖を吸収するためには、炭水化物を分解し、ブドウ糖にする必要があります。
このときに働くのがαグルコシダーゼです。

αグルコシダーゼ阻害薬は、このαグルコシダーゼを阻害することでブドウ糖の吸収を遅らせる作用があります。

副作用

おなら、下痢などがあり、まれに肝臓に障害を起こすこともあります。

チアゾリジン(TZ)薬

チアゾリジン(TZ)薬の作用機序

薬品名

  • ピオグリタゾン(商品名:アクトス)

作用機序

肥大した脂肪細胞は筋肉や肝臓に対し、ブドウ糖の取り込みを悪くさせる物質を分泌します。

この薬は、肥大した脂肪細胞を小さくすることで、筋肉や肝臓にブドウ糖を取り込ませやすくします(インスリン抵抗性改善作用)。

副作用

浮腫(むくみのこと)があります。

速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬)

グリニド薬の作用機序

薬品名

  • ナテグリニド(商品名:スターシス、ファスティック)
  • ミチグリニド(商品名:グルファスト)
  • レパグリニド(商品名:シュアポスト)

作用機序

スルホニル尿素(SU)薬と同じで、膵臓のランゲルハンス島のβ細胞と呼ばれるところに作用してブドウ糖を下げます。

スルホニル尿素(SU)薬との違いは、効果発現までの時間が速く、効果が切れるのも速いことです。

副作用

効果が切れるのが速いため、SU薬より低血糖を起こしにくいです。

DPP4阻害薬

DPP4阻害薬の作用機序

薬品名

  • シタグリプチン(商品名:グラクティブ、ジャヌビア)
  • ビルダグリプチン(商品名:エクア)
  • アログリプチン(商品名:ネシーナ)
  • リナグリプチン(商品名:トラゼンタ)
  • テネリグリプチン(商品名:テネリア)
  • アナグリプチン(商品名:スイニー)

作用機序

食事で血糖値が上昇したとき、消化管ホルモン(GLP-1、GIP)がインスリン分泌を促すことにより血糖値が下がります。
この消化管ホルモンを分解するのが、DPP-4です。

DPP-4阻害薬は、DPP-4を阻害することで、消化管ホルモンの作用を促進し、インスリン分泌を促します。

副作用

安全性が高く、低血糖の頻度も非常に少ない。
体重の増加も起きにくい。

GLP-1受容体作動薬

GLP-1受容体作動薬の作用機序

薬品名

  • デュラグルチド(商品名:トリルシティ)
  • リラグルチド(商品名:ビクトーザ)
  • エキセナチド(商品名:ビデュリオン、バイエッタ)
  • リキシセナチド(商品名:リキスミア)

作用機序

消化管ホルモンのGLP-1は受容体作用することでインスリン(血糖値を下げるホルモン)分泌を促し、グルカゴン(血糖値をあげるホルモン)分泌を抑制します。

GLP-1受容体作動薬は、GLP-1の代わりとなってGLP-1受容体に作用します。

副作用

吐き気や嘔吐などの胃腸障害があります。

SGLT2阻害薬

SGLT2阻害薬の作用機序

薬品名

  • イプラグリフロジン(商品名:スーグラ)
  • ダパグリフロジン(商品名:フォシーガ)
  • ルセオグリフロジン(商品名:ルセフィ)
  • トホグリフロジン(商品名:デベルザ、アプルウェイ)
  • カナグリフロジン(商品名:カナグル)
  • エンパグリフロジン(商品名:ジャディアンス)

作用機序

尿管のSGLTと呼ばれる物質が、ブドウ糖を再吸収(体に取り組むこと)するのを抑制し、尿として排出する作用があります。

副作用

頻尿、口渇、脱水、尿路感染症などの副作用があります。

スポンサーリンク

糖尿病の関連記事

糖尿病に関する記事の一覧です

糖尿病の合併症について

糖尿病とは?引き起こされる3つの病気【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
糖尿病は血管や神経を傷つけ腎症・網膜症・神経障害を引き起こす この記事では、糖尿病によって引き起こされる主な3つの病気(三大合併症)についてわかりやすく説明します。 簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください...
糖尿病と腎臓と透析の関係【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
糖尿病は腎臓の機能を悪化させる。 腎臓の機能が失われると透析をする必要がある。 透析は想像以上につらいもの。 この記事では、糖尿病と腎臓と透析の関係を簡単にわかりやすく説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつ...
糖尿病の合併症:糖尿病性網膜症について【薬剤師がわかりやすく説明】
糖尿病が進行すると最悪失明する。 この記事では、糖尿病の三大合併症の一つである糖尿病性網膜症についてわかりやすく説明します。 簡単に理解できるように、下手ですが漫画もつけました。 参考になれば幸いです。 漫画~糖尿病性網...
糖尿病の合併症:糖尿病性神経障害について【薬剤師がわかりやすく説明】
糖尿病で神経障害がすすむと、足の切断、インポテンツ、筋肉の萎縮が起きる この記事では、糖尿病の三大合併症の一つである糖尿病性神経障害について説明します。 簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫...
糖尿病の合併症:歯周病について【薬剤師がわかりやすく説明】
歯周病は糖尿病を引き起こし、糖尿病は歯周病を引き起こす。 定期的な歯の健診が重要。 糖尿病になると血中のブドウ糖の濃度が高まることで、体にさまざまな害(合併症)が起きます。 代表的なのが、腎臓(糖尿病性腎症)、目(糖尿病性網膜症)、神...

糖尿病の発症について

ブドウ糖の取り込みとインスリンの働き【薬剤師が説明】
膵臓から分泌されるインスリンはブドウ糖をさまざまな場所に取り込ませている この記事では、ブドウ糖の取り込みとインスリンの働きについて漫画で説明します。 簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫画~ブ...
1型糖尿病と2型糖尿病の発症メカニズム【薬剤師がわかりやすく説明】
生活習慣によって引き起こされるのが2型糖尿病 この記事では、1型糖尿病と2型糖尿病の発症メカニズムを説明します。 簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫画~1型糖尿病と2型糖尿病の発症メカ...
2型糖尿病の発症原因7つと注意すべき5つ【薬剤師が簡単に説明】
糖尿病の発症原因は7つある この記事では、2型糖尿病の発症原因を説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫画~2型糖尿病の発症原因~ 以上が漫画になります。 ...
食後過血糖とは?原因・調べる方法【薬剤師がわかりやすく説明】
食後か血糖の原因は生活習慣。 検査紙や血糖測定で調べることができる。 この記事では、食後過血糖について説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫画~食後過血糖について~ ...

糖尿病の血液検査項目について

糖尿病の診断基準は?【薬剤師がわかりやすく説明】
血糖値、HbA1c、症状などをみて糖尿病の診断がなされる この記事では、糖尿病の診断基準を説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫画~糖尿病の診断基準~ 以上、...
血糖値とは?健常者と糖尿病患者の日内変動の違い【薬剤師が説明】
血糖値は糖尿病の血液検査項目の一つ 食事による影響を受けてインスリンによって正常値に戻る この記事では、血糖値についてできるだけわかりやすく説明します。 簡単に理解できるように下手ですが漫画も付けました。 ご覧ください。 ...
糖尿病:ヘモグロビンA1cとは?【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
HbA1cは過去1,2カ月の血糖状態の平均が分かる この記事では、糖尿病の検査項目の一つであるHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)を説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫画~...

糖尿病の治療について

糖尿病の運動療法【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
糖尿病の運動療法は、有酸素運動と筋トレ。 始めるときは合併症がないか確認を! この記事では、2型糖尿病の改善によいとされる運動療法についてわかりやすくまとめました。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ...
糖尿病の食事療法について【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
糖尿病の食事療法は、制限食ではなく、健康食である 糖尿病では、まず最初に食事療法、運動療法がおこなわれます。 この記事では、食事療法における適正エネルギーの計算、食事の注意点、食品の豆知識や調理の仕方、摂取エネルギーを抑えるための工...
糖尿病薬の薬品名・作用機序・副作用【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
糖尿病に使われる薬は、 スルホニル尿素(SU)薬 ビグアナイド(BG)薬 αグルコシダーゼ阻害(αGI)薬 チアゾリジン(TZ)薬 速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬) DPP4阻害薬 GLP-1受容体作動薬 SGLT2...
スルホニル尿素(SU)薬の特徴【薬剤師がわかりやすく説明】
スルホニル尿素(SU)薬は、血糖降下薬の中で、血糖値を下げる力が強い薬 スルホニル尿素(SU)薬の一覧、作用機序、副作用についてわかりやすく説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 ...
糖尿病薬:メトホルミン(メトグルコ)【薬剤師がわかりやすく説明】
メトホルミン(メトグルコ)は、肝臓での糖新生を抑制し、筋肉や脂肪へ糖を吸収させる 乳酸アシドーシスは必ず知っておくべき副作用 この記事では、メトホルミンについて説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。...
メトホルミンの副作用:乳酸アシドーシス【薬剤師がわかりやすく説明】
メトホルミンの副作用である乳酸アシドーシスは胃腸障害から始まり放っておくと死ぬこともある ビグアナイド薬であるメトホルミン(商品名:メトグルコ)は、インスリン抵抗性を改善することで血糖値を下げる作用があります。 安価な薬なのでよく処方の...
糖尿病薬:グルコシダーゼ阻害薬【薬剤師がわかりやすく説明】
グルコシダーゼ阻害薬を服用しているなら、低血糖時はブドウ糖を摂取すべきである この記事では、糖尿病薬であるα-グルコシダーゼ阻害薬について説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫...
糖尿病薬:ピオグリタゾン(アクトス)の特徴【薬剤師が説明】
ピオグリタゾン(アクトス)は、脂肪をスリムにしてインスリンの働きを改善させる。 代表的な副作用はむくみである。 この記事ではアクトスについて説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 ...

糖尿病の生活上の注意について

糖尿病と風邪・胃腸炎 シックデイとは?【薬剤師がわかりやすく説明】
糖尿病の人が病気になると血糖値が変動する。 しかし、自分の判断で薬を調節してはいけない。 この記事では、シックデイについて、その対処も含めてわかりやすく説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧...
低血糖とは?【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
低血糖の対策として糖分を携帯すること。 α-グルコシダーゼ阻害薬を服用している人は、低血糖のときブドウ糖をとること。 この記事では、低血糖の原因、症状、低血糖が起きた時の対処法、そして予防法をわかりやすく説明します。 まず、簡単に...

スポンサーリンク

以上になります。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。

参考文献:糖尿病診療ガイドライン2016

スポンサーリンク

おすすめ記事

フォローする