糖尿病薬:メトホルミン(メトグルコ)【薬剤師がわかりやすく説明】

メトホルミン(メトグルコ)は、肝臓での糖新生を抑制し、筋肉や脂肪へ糖を吸収させる
乳酸アシドーシスは必ず知っておくべき副作用

この記事では、メトホルミンについて説明します。

まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。
ご覧ください。

スポンサーリンク

漫画~メトグルコについて~

糖尿病薬メトホルミン(メトグルコ)1糖尿病薬メトホルミン(メトグルコ)2糖尿病薬メトホルミン(メトグルコ)3糖尿病薬メトホルミン(メトグルコ)4糖尿病薬メトホルミン(メトグルコ)5

以上が漫画になります。

もう少し詳しく知りたい方は、関連記事の下に漫画では説明しきれなかったことを書きました。
ご覧ください。

スポンサーリンク

糖尿病の関連記事

糖尿病に関する記事の一覧です

糖尿病の合併症について

糖尿病とは?引き起こされる3つの病気【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
糖尿病は血管や神経を傷つけ腎症・網膜症・神経障害を引き起こす この記事では、糖尿病によって引き起こされる主な3つの病気(三大合併症)についてわかりやすく説明します。 簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください...
糖尿病と腎臓と透析の関係【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
糖尿病は腎臓の機能を悪化させる。 腎臓の機能が失われると透析をする必要がある。 透析は想像以上につらいもの。 この記事では、糖尿病と腎臓と透析の関係を簡単にわかりやすく説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつ...
糖尿病の合併症:糖尿病性網膜症について【薬剤師がわかりやすく説明】
糖尿病が進行すると最悪失明する。 この記事では、糖尿病の三大合併症の一つである糖尿病性網膜症についてわかりやすく説明します。 簡単に理解できるように、下手ですが漫画もつけました。 参考になれば幸いです。 漫画~糖尿病性網...
糖尿病の合併症:糖尿病性神経障害について【薬剤師がわかりやすく説明】
糖尿病で神経障害がすすむと、足の切断、インポテンツ、筋肉の萎縮が起きる この記事では、糖尿病の三大合併症の一つである糖尿病性神経障害について説明します。 簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫...
糖尿病の合併症:歯周病について【薬剤師がわかりやすく説明】
歯周病は糖尿病を引き起こし、糖尿病は歯周病を引き起こす。 定期的な歯の健診が重要。 糖尿病になると血中のブドウ糖の濃度が高まることで、体にさまざまな害(合併症)が起きます。 代表的なのが、腎臓(糖尿病性腎症)、目(糖尿病性網膜症)、神...

糖尿病の発症について

ブドウ糖の取り込みとインスリンの働き【薬剤師が説明】
膵臓から分泌されるインスリンはブドウ糖をさまざまな場所に取り込ませている この記事では、ブドウ糖の取り込みとインスリンの働きについて漫画で説明します。 簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫画~ブ...
1型糖尿病と2型糖尿病の発症メカニズム【薬剤師がわかりやすく説明】
生活習慣によって引き起こされるのが2型糖尿病 この記事では、1型糖尿病と2型糖尿病の発症メカニズムを説明します。 簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫画~1型糖尿病と2型糖尿病の発症メカ...
2型糖尿病の発症原因7つと注意すべき5つ【薬剤師が簡単に説明】
糖尿病の発症原因は7つある この記事では、2型糖尿病の発症原因を説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫画~2型糖尿病の発症原因~ 以上が漫画になります。 ...
食後過血糖とは?原因・調べる方法【薬剤師がわかりやすく説明】
食後か血糖の原因は生活習慣。 検査紙や血糖測定で調べることができる。 この記事では、食後過血糖について説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫画~食後過血糖について~ ...

糖尿病の血液検査項目について

糖尿病の診断基準は?【薬剤師がわかりやすく説明】
血糖値、HbA1c、症状などをみて糖尿病の診断がなされる この記事では、糖尿病の診断基準を説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫画~糖尿病の診断基準~ 以上、...
血糖値とは?健常者と糖尿病患者の日内変動の違い【薬剤師が説明】
血糖値は糖尿病の血液検査項目の一つ 食事による影響を受けてインスリンによって正常値に戻る この記事では、血糖値についてできるだけわかりやすく説明します。 簡単に理解できるように下手ですが漫画も付けました。 ご覧ください。 ...
糖尿病:ヘモグロビンA1cとは?【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
HbA1cは過去1,2カ月の血糖状態の平均が分かる この記事では、糖尿病の検査項目の一つであるHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)を説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫画~...

糖尿病の治療について

糖尿病の運動療法【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
糖尿病の運動療法は、有酸素運動と筋トレ。 始めるときは合併症がないか確認を! この記事では、2型糖尿病の改善によいとされる運動療法についてわかりやすくまとめました。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ...
糖尿病の食事療法について【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
糖尿病の食事療法は、制限食ではなく、健康食である 糖尿病では、まず最初に食事療法、運動療法がおこなわれます。 この記事では、食事療法における適正エネルギーの計算、食事の注意点、食品の豆知識や調理の仕方、摂取エネルギーを抑えるための工...
糖尿病薬の薬品名・作用機序・副作用【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
糖尿病に使われる薬は、 スルホニル尿素(SU)薬 ビグアナイド(BG)薬 αグルコシダーゼ阻害(αGI)薬 チアゾリジン(TZ)薬 速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬) DPP4阻害薬 GLP-1受容体作動薬 SGLT2...
スルホニル尿素(SU)薬の特徴【薬剤師がわかりやすく説明】
スルホニル尿素(SU)薬は、血糖降下薬の中で、血糖値を下げる力が強い薬 スルホニル尿素(SU)薬の一覧、作用機序、副作用についてわかりやすく説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 ...
糖尿病薬:メトホルミン(メトグルコ)【薬剤師がわかりやすく説明】
メトホルミン(メトグルコ)は、肝臓での糖新生を抑制し、筋肉や脂肪へ糖を吸収させる 乳酸アシドーシスは必ず知っておくべき副作用 この記事では、メトホルミンについて説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。...
メトホルミンの副作用:乳酸アシドーシス【薬剤師がわかりやすく説明】
メトホルミンの副作用である乳酸アシドーシスは胃腸障害から始まり放っておくと死ぬこともある ビグアナイド薬であるメトホルミン(商品名:メトグルコ)は、インスリン抵抗性を改善することで血糖値を下げる作用があります。 安価な薬なのでよく処方の...
糖尿病薬:グルコシダーゼ阻害薬【薬剤師がわかりやすく説明】
グルコシダーゼ阻害薬を服用しているなら、低血糖時はブドウ糖を摂取すべきである この記事では、糖尿病薬であるα-グルコシダーゼ阻害薬について説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫...
糖尿病薬:ピオグリタゾン(アクトス)の特徴【薬剤師が説明】
ピオグリタゾン(アクトス)は、脂肪をスリムにしてインスリンの働きを改善させる。 代表的な副作用はむくみである。 この記事ではアクトスについて説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 ...

糖尿病の生活上の注意について

糖尿病と風邪・胃腸炎 シックデイとは?【薬剤師がわかりやすく説明】
糖尿病の人が病気になると血糖値が変動する。 しかし、自分の判断で薬を調節してはいけない。 この記事では、シックデイについて、その対処も含めてわかりやすく説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧...
低血糖とは?【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
低血糖の対策として糖分を携帯すること。 α-グルコシダーゼ阻害薬を服用している人は、低血糖のときブドウ糖をとること。 この記事では、低血糖の原因、症状、低血糖が起きた時の対処法、そして予防法をわかりやすく説明します。 まず、簡単に...

スポンサーリンク

メトホルミンとは?

メトホルミンはビグアナイド薬というカテゴリーに入る糖尿病の薬です。
ビクアナイド薬は、スルホニル尿素薬と同じで歴史の長い薬です。

ガレガゾウという植物の抽出成分に血糖降下作用があることがわかり、この成分由来で生成されたのがビグアナイド薬です。

歴史

メトホルミンは、当初、商品名メルビンとして販売されていました。

しかし、海外でビグアナイド薬の一つであるフェンホルミンで乳酸アシドーシスという命にかかわる重大な副作用が起きることが判明しました。

これを受けて、フェンホルミンは販売中止になました。

そして、この影響で同じビグアナイド薬であるメルビンは、販売中止は免れたものの使用に大きく制限が課せられてしまい、それ以降あまり使用がありませんでした。

しかし、近年メトホルミンの臨床試験が行われ、有効性、安全性が確かめられ再評価がされるようになりました。

その結果、メトホルミンと同一成分で、高用量の使用が可能な商品名メトグルコが発売され現在では、多くの処方がされています。(メルビンは現在では販売中止になっています)

ビグアナイド薬の一覧

  • ブホルミン(商品名:ジベトス)
  • メトホルミン(商品名:メトグルコ、グリコラン)

ビグアナイド薬の中で現在使用されているのは、圧倒的にメトグルコです。

ある程度使用はあるのでしょうが、他の薬の処方は今まで見たことありません。
メトグルコであれば高用量(2250mg)の使用が認められています。

同じ成分であるにもかかわらず、グリコランの最大用量は750mgです。

メトグルコの作用メカニズム

糖尿病の原因は、二つ考えられます。

一つは、膵臓から分泌されるインスリンの量が足りないことです。
インスリンは血糖値を下げる作用があるため、インスリンの量が足りないと血糖値が上がり糖尿病になってしまいます。

二つ目は、インスリンは正常に分泌されますが、インスリンの効き目が悪くなることです。
これをインスリン抵抗性と呼びます。

インスリンの働きが悪くなると、血糖値が上がり糖尿病になってしまいます。

メトグルコの主な作用は二つ目の原因であるインスリンの効き目(インスリン抵抗性)を改善してくれるということです。
下記の通り、具体的には二つの作用があります。

肝臓での糖新生抑制

メトグルコは、肝臓で糖が作られるのを抑制します。

肝臓で糖が作られるのを糖新生と呼びます。
膵臓から分泌されるインスリンが、糖新生を抑制しているのですが、糖尿病になるとインスリンの糖新生を抑制する作用が悪くなります。

メトグルコは、このインスリンの作用を改善します。

末梢(筋肉・脂肪細胞)での糖利用促進

インスリンは、筋肉(骨格筋)や脂肪細胞に作用してブドウ糖を中に取り込ませることで血糖値を下げます。
糖尿病になると、インスリンの効きが悪くなり、ブドウ糖があまり取り込まれなくなり血糖値があがります。

メトグルコは、インスリンが筋肉や脂肪細胞にブドウ糖を取り込む作用を改善してくれます。

以上、この二つがメトグルコの主な作用です。

ただメトグルコの作用はこれだけではなく、他の作用があることが分かっています。

小腸からの糖吸収抑制

インスリンの効果を改善するだけでなく、メトグルコはブドウ糖が小腸で吸収されるのを抑制します。
これにより血糖値が下がります。

メトグルコの副作用

乳酸アシドーシス

重大な副作用の一つに乳酸アシドーシスがあります。
これは、体内の乳酸が増加することで体が酸性に傾く状態をいいます。

そのまま放置していると最悪死亡することがあります。

しかし、乳酸アシドーシスが問題になったのはすでに販売が中止になっているフェンホルミンです。
メトグルコでは乳酸アシドーシスが起きるのはごくまれなので、そこまで過剰に心配する必要はないでしょう。

乳酸アシドーシスは脱水で起きやすいので、毎日しっかり水分補給しましょう。

乳酸アシドーシスについては別記事で説明してあるので参考にしてください。

メトホルミンの副作用:乳酸アシドーシス【薬剤師がわかりやすく説明】
メトホルミンの副作用である乳酸アシドーシスは胃腸障害から始まり放っておくと死ぬこともある ビグアナイド薬であるメトホルミン(商品名:メトグルコ)は、インスリン抵抗性を改善することで血糖値を下げる作用があります。 安価な薬なのでよく処方の...

胃腸障害

比較的よくある副作用は、胃腸障害です。
下痢、吐き気、食欲不振、腹痛などが起きることがあります。

重大なものではないのですが、乳酸アシドーシスの初期症状が胃腸障害の場合があるため、注意が必要です。

低血糖

スルホニル尿素ほど頻度は高くありませんが、メトグルコも血糖値を下げる作用があるため、低血糖が起きることがあります。
手の震え、強い空腹感、冷汗などが出てきたら要注意です。

低血糖については別記事で説明してあるので参考にしてください。

低血糖とは?【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
低血糖の対策として糖分を携帯すること。 α-グルコシダーゼ阻害薬を服用している人は、低血糖のときブドウ糖をとること。 この記事では、低血糖の原因、症状、低血糖が起きた時の対処法、そして予防法をわかりやすく説明します。 まず、簡単に...

肝機能障害

肝機能障害があらわれることがあります。
肝臓が悪くなると、血液検査だと、AST(GOT)、ALT(GPT)、γGTPが上昇します。

また、ビリルビン値があがると肌や白目が黄色っぽくなる黄疸が見られることがあります。

症状がでたら服用を中止し医師または薬剤師に相談しましょう。
また定期的に肝機能を測定するとよいでしょう。

横紋筋融解症

横紋筋という骨格筋の一部が融解したり壊死する副作用がでることがあります。

症状としては、なにも運動していないのに筋肉痛が起きたり、脱力感がでたり尿の色が赤くなることがあります。

症状がでたらすぐに服用を中止し、医師または薬剤師に相談しましょう。

スポンサーリンク

メトグルコを飲むべき人・飲むべきではない人

糖尿病の薬は副作用に体重増加があるものが多いです。
しかし、メトグルコには体重増加の副作用は見られません。

そのため、肥満の糖尿病患者におすすめです。
肥満が多いアメリカではよく処方される薬です。

一方で、メトグルコの副作用に乳酸アシドーシスがあるため、腎機能、肝機能が悪く脱水が起きやすい75歳以上の高齢者は、飲むべきではありません。

実際、メトグルコの添付文書には高齢者は慎重投与になっています。
薬を減量するか他の薬に変えたほうがよいでしょう。

以上になります。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。

参考文献:糖尿病診療ガイドライン2016

スポンサーリンク

おすすめ記事

フォローする