糖尿病の食事療法について【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】

糖尿病の食事療法は、制限食ではなく、健康食である

糖尿病では、まず最初に食事療法、運動療法がおこなわれます。

この記事では、食事療法における適正エネルギーの計算、食事の注意点、食品の豆知識や調理の仕方、摂取エネルギーを抑えるための工夫などをまとめました。

まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。
ご覧ください。

スポンサーリンク

漫画~糖尿病の食事療法を簡単に漫画で説明

糖尿病の食事療法2糖尿病の食事療法3糖尿病の食事療法4以上が漫画になります。

もう少し詳しく知りたい方は、関連記事の下に漫画では説明しきれなかったことを書きました。
ご覧ください。

スポンサーリンク

糖尿病の関連記事

糖尿病に関する記事の一覧です

糖尿病の合併症について

糖尿病とは?引き起こされる3つの病気【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
糖尿病は血管や神経を傷つけ腎症・網膜症・神経障害を引き起こす この記事では、糖尿病によって引き起こされる主な3つの病気(三大合併症)についてわかりやすく説明します。 簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください...
糖尿病と腎臓と透析の関係【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
糖尿病は腎臓の機能を悪化させる。 腎臓の機能が失われると透析をする必要がある。 透析は想像以上につらいもの。 この記事では、糖尿病と腎臓と透析の関係を簡単にわかりやすく説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつ...
糖尿病の合併症:糖尿病性網膜症について【薬剤師がわかりやすく説明】
糖尿病が進行すると最悪失明する。 この記事では、糖尿病の三大合併症の一つである糖尿病性網膜症についてわかりやすく説明します。 簡単に理解できるように、下手ですが漫画もつけました。 参考になれば幸いです。 漫画~糖尿病性網...
糖尿病の合併症:糖尿病性神経障害について【薬剤師がわかりやすく説明】
糖尿病で神経障害がすすむと、足の切断、インポテンツ、筋肉の萎縮が起きる この記事では、糖尿病の三大合併症の一つである糖尿病性神経障害について説明します。 簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫...
糖尿病の合併症:歯周病について【薬剤師がわかりやすく説明】
歯周病は糖尿病を引き起こし、糖尿病は歯周病を引き起こす。 定期的な歯の健診が重要。 糖尿病になると血中のブドウ糖の濃度が高まることで、体にさまざまな害(合併症)が起きます。 代表的なのが、腎臓(糖尿病性腎症)、目(糖尿病性網膜症)、神...

糖尿病の発症について

ブドウ糖の取り込みとインスリンの働き【薬剤師が説明】
膵臓から分泌されるインスリンはブドウ糖をさまざまな場所に取り込ませている この記事では、ブドウ糖の取り込みとインスリンの働きについて漫画で説明します。 簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫画~ブ...
1型糖尿病と2型糖尿病の発症メカニズム【薬剤師がわかりやすく説明】
生活習慣によって引き起こされるのが2型糖尿病 この記事では、1型糖尿病と2型糖尿病の発症メカニズムを説明します。 簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫画~1型糖尿病と2型糖尿病の発症メカ...
2型糖尿病の発症原因7つと注意すべき5つ【薬剤師が簡単に説明】
糖尿病の発症原因は7つある この記事では、2型糖尿病の発症原因を説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫画~2型糖尿病の発症原因~ 以上が漫画になります。 ...
食後過血糖とは?原因・調べる方法【薬剤師がわかりやすく説明】
食後か血糖の原因は生活習慣。 検査紙や血糖測定で調べることができる。 この記事では、食後過血糖について説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫画~食後過血糖について~ ...

糖尿病の血液検査項目について

糖尿病の診断基準は?【薬剤師がわかりやすく説明】
血糖値、HbA1c、症状などをみて糖尿病の診断がなされる この記事では、糖尿病の診断基準を説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫画~糖尿病の診断基準~ 以上、...
血糖値とは?健常者と糖尿病患者の日内変動の違い【薬剤師が説明】
血糖値は糖尿病の血液検査項目の一つ 食事による影響を受けてインスリンによって正常値に戻る この記事では、血糖値についてできるだけわかりやすく説明します。 簡単に理解できるように下手ですが漫画も付けました。 ご覧ください。 ...
糖尿病:ヘモグロビンA1cとは?【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
HbA1cは過去1,2カ月の血糖状態の平均が分かる この記事では、糖尿病の検査項目の一つであるHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)を説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫画~...

糖尿病の治療について

糖尿病の運動療法【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
糖尿病の運動療法は、有酸素運動と筋トレ。 始めるときは合併症がないか確認を! この記事では、2型糖尿病の改善によいとされる運動療法についてわかりやすくまとめました。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ...
糖尿病の食事療法について【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
糖尿病の食事療法は、制限食ではなく、健康食である 糖尿病では、まず最初に食事療法、運動療法がおこなわれます。 この記事では、食事療法における適正エネルギーの計算、食事の注意点、食品の豆知識や調理の仕方、摂取エネルギーを抑えるための工...
糖尿病薬の薬品名・作用機序・副作用【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
糖尿病に使われる薬は、 スルホニル尿素(SU)薬 ビグアナイド(BG)薬 αグルコシダーゼ阻害(αGI)薬 チアゾリジン(TZ)薬 速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬) DPP4阻害薬 GLP-1受容体作動薬 SGLT2...
スルホニル尿素(SU)薬の特徴【薬剤師がわかりやすく説明】
スルホニル尿素(SU)薬は、血糖降下薬の中で、血糖値を下げる力が強い薬 スルホニル尿素(SU)薬の一覧、作用機序、副作用についてわかりやすく説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 ...
糖尿病薬:メトホルミン(メトグルコ)【薬剤師がわかりやすく説明】
メトホルミン(メトグルコ)は、肝臓での糖新生を抑制し、筋肉や脂肪へ糖を吸収させる 乳酸アシドーシスは必ず知っておくべき副作用 この記事では、メトホルミンについて説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。...
メトホルミンの副作用:乳酸アシドーシス【薬剤師がわかりやすく説明】
メトホルミンの副作用である乳酸アシドーシスは胃腸障害から始まり放っておくと死ぬこともある ビグアナイド薬であるメトホルミン(商品名:メトグルコ)は、インスリン抵抗性を改善することで血糖値を下げる作用があります。 安価な薬なのでよく処方の...
糖尿病薬:グルコシダーゼ阻害薬【薬剤師がわかりやすく説明】
グルコシダーゼ阻害薬を服用しているなら、低血糖時はブドウ糖を摂取すべきである この記事では、糖尿病薬であるα-グルコシダーゼ阻害薬について説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 漫...
糖尿病薬:ピオグリタゾン(アクトス)の特徴【薬剤師が説明】
ピオグリタゾン(アクトス)は、脂肪をスリムにしてインスリンの働きを改善させる。 代表的な副作用はむくみである。 この記事ではアクトスについて説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧ください。 ...

糖尿病の生活上の注意について

糖尿病と風邪・胃腸炎 シックデイとは?【薬剤師がわかりやすく説明】
糖尿病の人が病気になると血糖値が変動する。 しかし、自分の判断で薬を調節してはいけない。 この記事では、シックデイについて、その対処も含めてわかりやすく説明します。 まず、簡単に理解できるように下手ですが漫画をつけました。 ご覧...
低血糖とは?【薬剤師が簡単にわかりやすく説明】
低血糖の対策として糖分を携帯すること。 α-グルコシダーゼ阻害薬を服用している人は、低血糖のときブドウ糖をとること。 この記事では、低血糖の原因、症状、低血糖が起きた時の対処法、そして予防法をわかりやすく説明します。 まず、簡単に...

スポンサーリンク

食事療法をはじめる前に知ってほしいこと

糖尿病における食事療法は、何か一つのものを制限したり、摂取を禁止する制限食ではありません。

どちらかというと、一つのものを摂りすぎることなく、あらゆるものをまんべんなく摂取する健康食になります。

適正エネルギーの設定

大事になってくるのは、エネルギーの取り過ぎを抑えることです。

エネルギーを取り過ぎると肥満になり、インスリン抵抗性が悪化し、血糖値があがることになります。
適正なエネルギーを取ることで肥満が解消され、インスリン抵抗性を改善していきましょう。

まず適正エネルギーの計算を行います。以下の式で計算しましょう。

適正エネルギー(kcal)=目標体重(kg)×身体活動量

最初の目標体重は、現体重の5%差し引いた値を目標体重とします。
身体活動量は日常生活の活動量によって変わります。

デスクワークが多い人なら25~30、
立ち仕事が多い人なら30~35、
重労働の人なら35以上
の数値になります。

最終的な目標体重はBMIが22になる体重です。
これを標準体重といいます。

BMIが22で一番死亡率が少なくなるといわれているためです。

BMI=体重(kg)÷身長(m)×身長(m)なのでBMIが22になる標準体重は以下の式で計算します。

標準体重(kg)=身長×身長×22

標準体重をいきなり目指して急激な減量をすると、体調不良や、栄養不足を招きかねません。
そのため最初の目標体重は、現体重の5%を差し引いたものを目標体重としましょう。

食事の注意点

食事は1日3回規則正しく摂りましょう。
よく噛んで腹八分目に抑えます。

1日2食にすると、1回の食事で多くの食品を取ることになってしまうので食後の血糖値が上がってしまいます。
適正エネルギーを守るためにも間食も抑えることが必要です。

また寝る前の夜食も大敵です。
夜食を摂った後は、寝るだけなので、ブドウ糖が消費されません。

翌朝まで血糖値が高い状態が続くことになってしまいます。
夕食は寝る3時間前に済ませるように心がけましょう。

朝昼夕食の量を均等にしましょう。
これによって1回の食事で高血糖が起きるのを防ぐことができます。

外食をできるだけ控えましょう。
外食は一般的に摂取エネルギーが高くなってしまいます。

食品について

食事療法は運動療法と同じで継続が重要です。
そのため、食事はできるだけ患者の嗜好に合ったものを選び、楽しみながらやることが大事です。

野菜

野菜は毎食両手いっぱいの量をとることがお勧めです。

食物繊維

穀物由来の食物繊維をとることを心がけましょう。
1日20gの食物繊維の摂取が推奨されています。

食事を始めるときに先に食物繊維を食べてから、他の物を食べ始めると食後の血糖値の上昇を抑えることができます。
食物繊維をすべて食べ切ってから他の物を食べることが大事です。

果物

果物は適正なら糖尿病に有効です。
ただし、多く摂りすぎると体重が増えることになるので注意が必要です。

また果物ジュースは砂糖が入っていたりするので、果物を摂るようにしましょう。

炭水化物

炭水化物だけを制限しても効果があるのかは現時点では不明です。
炭水化物だけを制限し、他の食品でエネルギーを摂取するのことはおすすめしません。

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸の摂取が糖尿病によいとされています。
オリーブオイルなどを使用するとよいでしょう。

アルコール

適正なアルコールの摂取なら糖尿病に良い影響があります。
目安は1日アルコール20~25gが目安になります。

ただし、薬を飲んでる人は低血糖が起きやすかったり、ビグアナイド系の薬の場合は乳酸アシドーシスと呼ばれる副作用がでることがあります。

アルコールは適正量を守りましょう。
守れないようでしたら禁酒にすべきです。

またお酒に炭水化物が含有していることもあるので、エネルギーの取り過ぎに注意も必要です。

ビタミン、ミネラル、塩分

ビタミン、ミネラル、塩分については現段階で糖尿病との関係がよくわかっていないので適正な量を摂取するようにしましょう。

酢の物は血糖値あげにくいことが知られています。

調理の工夫

油の摂取を少なくするために、揚げたり、炒めたりするよりは蒸したり、煮たほうが油の量が少なくなります。
一般的には、揚げる→炒める→煮る→蒸す→網焼き→ゆでるの順に油の量が減っていきます。ゆでてから炒めれば油の量が少なく済みます。

テフロン加工のフライパンを使えば油を使わずに済みます。
ただし、テフロン加工がはがれてくると使えなくなってしまいます。

摂取エネルギーを抑えるための工夫

歯を磨く

間食、夜食を控えるためにご飯を食べたらすぐに歯を磨いてしまいます。
食べてしまうと、歯を磨かなければならなくなって面倒なので間食、夜食を抑えることができます。

残飯は捨てる

残飯には手を出さない。
家族の残り物に手を出すのはやめておきましょう。

買い置きをしない

お菓子の買い置きをしない。
スーパーなので余分なものを買ってしまうと、特に食べたいわけでもないのに食べてしまいます。

低カロリー商品に代える

間食、夜食が我慢できないなら、せめてお菓子やお酒などを低カロリーのものに変える。
ゼロカロリーのビールがあります。

お皿やお茶碗を小さいものに変える

一度に盛り付けるご飯やおかずの量を減らすことができます。

丼物は控える

カレーライスや牛丼などの丼物はご飯の量が多くなりやすいのでできるだけ控えた方がいいでしょう。

棚の上など取り出すのに時間のかかる場所にお菓子を置く

目につくところに置いてあると、食べたくなってしまいます。
また取り出すのが面倒な場所に置いておけば、食べるのが面倒になります。

毎日体重計にのる

目標を忘れないためにも毎日体重計にのって挫折しないようにします。

家族に目標体重を伝え、毎日の体重を家族の見えるところに記録する

家族の監視の目があるため、努力が継続しやすくなります。

目標達成した時の、ご褒美を決める

ご褒美があると励みになりますね。

合併症が起きた時のことを想像する

もし失明したら・・・、もし透析が必要になったら・・・、もし足を切断しなけらばならなくなったら・・・、

合併症を想像すれば食べる気がなくなりますね。

糖尿病が完治した時のことを想像する

完治すれば、病院代、薬代を節約できます。
その浮いたお金を何に使いましょうか?

また完治すれば体型もスマートになっています。
かっこいいお父さん、お母さんになれますね!

管理栄養士に相談する

管理栄養士が食事療法について相談にのってくれます。
食事に関してのスペシャリストである管理栄養士から様々なアドバイスを受けましょう。

スポンサーリンク

まとめ

さまざまなことを書きましたが、一番重要なのは楽しみながら食事療法を行うことです。

食事療法は継続が大事なので、あれこれと我慢せずに、続けられる程度に控えていきましょう。

以上になります。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。

参考文献:糖尿病診療ガイドライン2016

スポンサーリンク

おすすめ記事

フォローする