【WordPress】bloginfoのパラメーター(廃止・非推奨に注意)

 
 

『bloginfoって非推奨なの?
だれか使い方まとめてくれない??』

こんにちは、福井でフリーのWebエンジニアをやっているJohです。最近はNFTに興味がでて仮想通貨の勉強もはじめました。

この記事では、WordPressで使用するテンプレートタグbloginfo()に関する情報をまとめたので、気になる人は参考にしてください。

スポンサーリンク

bloginfo()とは?

bloginfo()関数はサイトの情報を表示させるための関数です。どのテンプレートファイルでも使用することができて、表示させる内容は引数によって変わってきます。

主な引数 結果
name(初期値) サイトタイトル
description キャッチフレーズ
admin_email メールアドレス

主に使うのはこの3つになると思います。

bloginfo() 、bloginfo(‘description’)、bloginfo(‘admin_email’)で『管理画面>設定>一般』で設定されたサイトタイトル、キャッチフレーズ、メアドを表示させます。

表示させるのではなく、取得、変数に代入したい場合は、get_bloginfo()を使いましょう。

bloginfo関数には、他にもたくさん引数があるのですが、それらは廃止になっていたり、非推奨となっています。

廃止になった引数

  • siteurl
  • home

廃止になったのは、この2つ。

サイトのホームURLを表示させる引数siteurl、homeは、廃止されました。

代わりに、引数urlを使うか、home_url関数を使うことになります。

home_urlを使用するときは、echoを使いましょう。

ちなみに、後で説明しますが、引数urlは非推奨になっているので、home_urlの使用が一拓になると思います。

試しに、廃止になったsiteurlとhomeを使用したのですが、まだちゃんと表示はされます。表示はされるのですが、いずれはエラーとなるでしょう。

今のうちに修正できるならしておくべきです。

非推奨になった引数

  • stylesheet_url
  • stylesheet_directory
  • template_url
  • template_directory
  • url
  • wpurl

非推奨になったのはこの6つ。それぞれ説明していきます。

stylesheet_url

CSSファイルのURLを表示させる引数です。

『http://localhost:8888/○○○○/wp-content/themes/××××/style.css』という感じですね。

非推奨となったので、代わりにget_stylesheet_uri()を使いましょう。

stylesheet_directory

テーマがあるURLを表示させる引数です。

『http://localhost:8888/○○○○/wp-content/themes/××××』という感じです。末尾に『/』がないことに注意です。

非推奨となったので、代わりに使うのが、get_stylesheet_directory_uri()です。echoするのを忘れないようにしましょう。

template_url / template_directory

テーマがあるURLを表示させる引数です。ただし、template_urlは、stylesheet_directoryやtemplate_directoryと違って親テーマがある場合は、親のテーマのURLを表示させます。

子テーマならget_stylesheet_directory_uri()、親テーマならget_template_directory_uri()を利用しましょう。

url / wpurl

ホームURLを表示させるための引数です。廃止になったsiteurlやhomeの代わりにこちらを使いますが、非推奨です。

非推奨となったので、代わりにhome_url()、site_url()を使用しましょう。

まとめ

廃止・非推奨を除外して、問題のない書き方をまとめます。

  • ブログ名の表示『bloginfo();』
  • キャッチフレーズの表示『bloginfo(‘description’);』
  • メアドの表示『bloginfo(‘admin_email’);』
  • ホームURLの表示『echo home_url();』
  • 子テーマのURLを表示『echo get_stylesheet_directory_uri() ;』
  • 親テーマのURLを表示『echo get_template_directory_uri() ;』

ブログの情報を表示させる場合、安易にブログ名を直接書いてしまいがちです。しかしそれでは、ブログ情報を変更した時、すべての箇所に修正が必要になってしまいます。

その手間を省くために、これらのテンプレートタグをしっかり使いこなしましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

フォローする