小学校のプログラミング必修化を簡単にわかりやすく説明(漫画付)

小学校のプログラミング必修化を簡単にわかりやすく説明(漫画付)
教育ママ
『なぜ小学校でプログラミングが必修化されるの?
うちの子供は一体、なにやらされるのかしら?』
教育ママ
『なぜ小学校でプログラミングが必修化されるの?
うちの子供は一体、なにやらされるのかしら?』

こんにちは、AWAKOJIです。
今日も、薬剤師をやりながらプログラミングの勉強をしています。

今回は、プログラミング記事の第三弾です。
第一弾では『プログラミングとは?』、第二弾では『プログラミング言語とは?』を記事にしてみました。

プログラミングとは?簡単にわかりやすく説明(漫画付)
以前の僕 『プログラミングって一体なに? 2020年から学校で必修化されるみたいだけど、正直わけわからん・・・』 こんにちは、AWAKOJIです。 今日も、薬剤師をやりながらプログラミングの勉強に励んでます。 さて、2...
プログラミング言語とは?簡単にわかりやすく説明(漫画付)
プログラミング超初級者 『プログラミング言語って一体なに? だれか簡単にわかりやすく教えてくれないかな?』 こんにちは、AWAKOJIです。 今日も、薬剤師をやりながら、プログラミングを勉強しています。 前回の記事では、『プロ...

第三弾では、小学校でプログラミングが必修化されることを記事にしてみようと思います。

理解しやすいように下手ですが、漫画もつけました。
5分もかからず読めるのでぜひご覧ください。

この記事の内容

・漫画~プログラミング必修化in小学校~
・プログラミング必修化の時代がやってきた!
・小学校でのプログラミング必修化の目的は3つ!
・プログラミングという科目はできない!
・AWAKOJIあとがき

スポンサーリンク

漫画~プログラミング必修化in小学校~

コンピュータを行こうに活用して将来の可能性を広げて欲しいなどの理由でプログラミングが小学校で必修化された
小学校でプログラミング教育する狙いは3つ①プログラミング的思考を育てる②コンピュータの役割に気付く③各教科の深い理解につなげる
プログラミングという教科ができるわけではなく
従来の科目や総合でプログラミングが取り入れられる 必ずしもコンピュータを使うわけではないが体験が重要
以上、小学校で必修化されるプログラミングについて漫画で説明してみました。

以下、文章でもう少しだけ詳しく説明したので、よかったらご覧ください。

プログラミング必修化の時代がやってきた!

現代は、どこにでもコンピュータがあります。スマホやパソコンだけでなく、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、車、病院、農業・・・数えきれません。しかも、その進歩はすさまじく、どんどん新しいものが開発されていきます。

今回、プログラミングが小学校で必修化されたのはこういった時代の流れが影響しています。

・どんな進路を進むにしても、コンピュータとは切り離せない
・情報をうまく活用し可能性を広げてほしい
・外国でもプログラミング教育が導入されている

このような理由から、コンピュータの仕組みを担うプログラミングが2020年度から小学校で導入されることになりました。

イギリス、フランス、エストニアなどではすでにプログラミング教育は始っています!

小学校でのプログラミング必修化の目的は3つ!

小学校でのプログラミング教育のねらいは、3つあります。

①プログラミング的思考を育てる
②コンピュータの役割に気付く
③各教科の深い理解につなげる

それぞれ簡単に説明していきます。

①プログラミング的思考を育てる

プログラミング的思考とは、お偉いさんによる有識者会議ではこのように定義されています。

「自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが
必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたら
いいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に
近づくのか、といったことを論理的に考えていく力」
小学校プログラミング教育の手引(第一版)より

なげぇ!

正直意味わからないので簡単にまとめます。

プログラミング的思考とは、コンピュータに目的を達成させるための手順を論理的に考えていくこと

AWAKOJI的には、これでよいでしょう!

プログラミングでコンピュータに目的の動きをさせるために、一つ一つ手順を考えていく必要があります。

トライ&エラーを繰り返し、コンピュータに目的のことをやらせる。
こういった経験を通して、論理的思考力を鍛えたいということです。

②コンピュータの役割に気付く

・コンピュータはプログラムで動いている
・そのプログラムは人が作っている
・コンピュータはどこにでも存在して生活を便利にしている

こういったことに気付かせることもプログラミング教育の目的です。

コンピュータの役割を気付かせ、それをうまく利用して問題を解決しようとする姿勢を作ることが狙いです。

ここを出発点として、中学校、高校でコンピュータの働きを理解して、簡単なプログラムを作成したりするのにつなげる狙いです

③各教科の理解につなげる

親の世代は、算数の授業で定規やコンパスを使って正三角形を書きました。

正三角形は同じ長さの辺が3つあり、角度が60度ということを学びました。

今後は、プログラミングを使って正三角形を書くという授業を受ける可能性があります。

点をうち、そこから○センチ線を引く、○度の角度で曲がる、○センチ線を引く・・・というようにプログラムを考えます。こういった経験を通し、正三角形の深い理解につなげます。

これは、算数だけに限りません。

・理科では、電気の効率的な使い方をプログラムする
・社会では、条件を組み合わせて都道府県を特定することを考える
・音楽では、意図した音楽を作るためコンピュータで音やリズムを組みあわせる
・家庭科では、おいしいご飯を炊くためのプログラムを考える。

各教科で学ぶことを、プログラミング教育を通じてより深く理解することを目指します。

※上記のような授業を行うために、必ずしもパソコンやタブレットが用いられるわけではりません。しかし、コンピュータを使った体験をすることも重要なため、まったく使わないわけでもありません。

さらにプログラミング教育の時間を、どの教科にどれほど費やすかどうかは各学校の判断にゆだねられます。

考える機会が増えておもしろそう!!

プログラミングという科目はできない!

一番勘違いしやすいのは、『プログラミング』という教科ができるわけではないことです。
すでに説明したように、各教科でプログラミングが取り入れられるということです。

またプログラミングという教科はできませんが、総合的な学習の時間などでプログラミングについて学ぶこともあります。

プログラミング言語を覚えることを目的としていないため、プログラミングのスキルのみを評価することもありません。

親はそこまで構えずに今までどおりの教育でいいのではないでしょうか?

AWAKOJIあとがき

今回の記事で小学校でのプログラミング必修化について勉強しましたが、
『小学校の授業でこれをやります!』
みたいに具体的なことは決められていませんでした。

こんな感じ・・・
こんな方向性で・・・・

みたいに書かれています。

だからプログラミング教育は、各学校の考えや、先生のやる気、技能によってかなり変わってくるのではないかと思います。

親の世代のほとんどは、プログラミングなんて学ばなかったわけですから、家庭学習もどのようにすればいいかわかりません。

心配になって子供をプログラミング教室に通わせる親も出てきているようです。

プログラミング教育はとても大切なスキルであることは間違いないです。
それを今の子供たちにどのように教えるべきかは、まだまだ考えていく必要がありそうです。

とにかくプログラミングはとっても楽しいので、はまっちゃう子供が増えそうです!

参考サイト:
小学校プログラミング教育の手引(第一版)
未来の学びコンソーシアム

スポンサーリンク

おすすめ記事

フォローする