【PHP】参照(リファレンス)渡しとは?使い方をわかりやすく説明

では、今日はこの記事で、PHPにおける参照(リファレンス)渡しについて説明します!

僕も最初まったく意味がわからなかったのです。

でもがんばって勉強してある程度理解できました!

できるだけわかりやすく説明するのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

値渡し(あたいわたし)とは?

参照渡しを理解するために、まず値渡しについて理解しましょう。

こちらの方が理解しやすいはずです。

値渡し(あたいわたし)とは、引数に変数を使うとき、引数に渡されるのはあくまで値という意味です。

【結果】
2
1

関数keisanに$bが引数として使われていますが、関数に入り込むのは値です。

$bではないので、$b自体の値に変化は起きません。

値が渡されるだけなので、その値がなにされようと、$bが1であることに影響しないとわけです。

参照渡し(さんしょうわたし)とは?

逆に、参照渡しは扱いが異なります。

これはちょっと脳を働かせないと理解しにくいです。

参照渡しとは、引数として渡されるのは、値ではなく変数そのものであることを意味します。

【結果】
2
2

関数keisanに引数として使われたのは、変数$bです。

中身が1である$bが関数に入り込みます。

そのため、関数keisanが実行されると、$bの値が変化します(2になる)。

関数の実行の後で、『echo $b;』と$bを呼び出しているのでここで表示されるのは『2』となります。

以上になります!

意味がわからなかったら連絡してください!

がんばって説明させていただきます!

スポンサーリンク

おすすめ記事

フォローする