【PHP】可変関数とは?使い方をわかりやすく説明

この記事では、PHPにおける可変関数について説明します。

できるだけわかりやすく説明するのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

結論

簡単に結論を言えば、可変関数とは、変数の関数バージョンということです。

一般的な関数

一から説明していきましょう。

まず、一般的な関数ですが、

上記のように、関数名に引数をいれれば関数が実行されます。

可変関数

この関数名(ここでは『kansu』)を変数に変えることができます。

上記のように『kansu』を『$betumei』としました。

そしてこの関数を実行するために『$betumei(9,8);』と入力します。

ここでは、『$betumei(9,8)』が可変関数です。

可変関数の役割は?

引数をたしたり、ひいたり、かけたり、わったりする関数があったとします。

これを実行するなら以下の通りです。

最後の実行するコードが少しみっともない感じがします。

可変関数を使ってみましょう。

すこし見栄えがかっこよくなりましたね。

ループされて『$betumei』という変数の中身が『kansu1』⇒『kansu2』⇒『kansu3』⇒『kansu4』という具合に変わっていきます。

これが可変の意味ですね。

以上です。

スポンサーリンク

おすすめ記事

フォローする