【PHP】global命令の使い方をわかりやすく説明

この記事では、PHPにおける可変関数について説明します。

できるだけわかりやすく説明するのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

一般的な変数の取り扱い

一般的な変数は、そのスクリプト内ならどこでも有効。

【結果】
100

こういった変数をグローバル変数といいます。

global『世界的な』という意味なのでイメージしやすいと思います。

関数の中の変数

しかし、関数の中で定義された変数はその関数の中でだけ有効。

【結果】
Notice: Undefined variable

$aは関数の中で定義しているので、関数の外で呼び出せないわけです。

【結果】
100
1

関数の中だけで有効な変数をローカル変数といいます。

local『地方の』という意味なので、これもイメージしやすいです。

関数の外で定義した変数を、関数の中で呼び出すこともできません。

では、関数外の変数を関数内で使いた時はどうすればよいのでしょうか?

このときに使うのがグローバル宣言です。

【結果】
100
101

またecho $aとkansu()の書く順番を入れ替えると

【結果】
101
101

結果が変わります。

グローバル変数は、関数の中で行うのがポイントですね。

ちなみに、関数やクラスは、変数と異なりグローバルの性質を持ちます。

スポンサーリンク

おすすめ記事

フォローする