藤井聡太七段が通った名古屋大学教育学部付属中学校を簡単にまとめてみた

この記事の内容

  • 藤井聡太について
  • 藤井聡太のすごさ
  • 出身校は?
  • 特徴
  • 偏差値
  • 同じ中学出身の有名人
  • 学費
  • 場所
  • 進学先
  • 次の対戦相手は?

スポンサーリンク

藤井聡太について

最年少の将棋棋士である藤井聡太七段は平成30年1月の時点でまだ15歳です。

そんな藤井聡太は、2018年1月14日、佐藤天彦に勝利し第11回朝日杯将棋オープン戦の準決勝に進出を決めました。

佐藤天彦は現役で名人というタイトルを持っています。

藤井聡太は初めて現役のタイトル保持者に勝利しました。

朝日杯将棋オープンとは、朝日新聞が主催している将棋の大会。

アマチュアも参加する大会で優勝賞金は750万です。

藤井聡太は、小学4年生の文集に将来の夢を「名人をこえる」と書いています。

この夢が中学生の間にかなってしまいました。

藤井聡太のすごさ

藤井聡太は2002年7月19日生まれ愛知県瀬戸市出身です。

2016年にプロ棋士になってから負けなしで29連勝しました。

それまでの連勝記録は28勝。弱冠15歳の少年が将棋界の記録を塗り替えました。

3歳のころキュボスという海外のおもちゃで遊んでいたことから、このおもちゃの売り上げが急上昇しています。

あまりにも人気で今では手に入らなくなっています。

語彙量も豊富で、インタビューなどのときに大人でもなかなか使わないような言葉を使います。

望外(ぼうがい)、節目(せつもく)僥倖(ぎょうこう)、醍醐味(だいごみ)などです。

出身校は?

藤井聡太は名古屋大学教育学部付属中学校の3年生。

この学校は、男女共学の中高一貫型です。国立大学唯一の併設型の中高一貫です。

1学年80人2クラスしかない小規模の学校になります。

1学年80人というと相当小規模というイメージがあります。

公立だと200人いたりします。

小規模であれば、先生の目も行き届きやすく質の高い教育を受けれそうです。

スポンサーリンク

特徴

この学校は、スーパーサイエンスハイスクール、スーパーグローバルハイスクール、ユネスコスクールに指定、登録されています。

簡単に言うと

スーパーサイエンスハイスクールは、数学・理科

グローバルハイスクールは、国語力・コミュニケーション力

ユネスコスクールは、世界平和

の教育に重点が置かれているということです。

偏った人材ではなく、総合力を兼ね備えた大人に成長できそうですね。

偏差値

名古屋大学教育学部付属中学校の偏差値は65です。

愛知県内の国公立中学校では1位です。

やはり、頭のいい学校に通っているようですね。

同じ中学出身の有名人

この中学校出身の有名人には、タレントの加藤晴彦や、衆議院議員の辻元清美がいます。

加藤晴彦ってイメージなかったですが、頭良いみたいです。

学費

国立なのでほとんど費用はかからないです。

ただその分、塾など習い事でお金がかかるかもしれません。

場所

名古屋市千種区です。

名古屋大学東山キャンパスの中にあります。

進学先

このまま名古屋大学教育学部付属高校に進学することになります。

ただし、名古屋大学に自動的に行けるわけではありません。

高校の進学先は、東大、京大、阪大、名大、九大など有名大学はひと通りあります。

次の対戦相手は?

藤井聡太の次の準決勝の相手は2018年2月17日に羽生善治と対戦します。

羽生善治は国民栄誉賞の受賞が決まっており、竜王と棋聖の2冠のタイトルを持っています。

羽生善治も昔から天才と言われています。

藤井聡太と羽生善治、どちらの天才が勝利するのでしょうか!?

⇒追記 119手、藤井聡太の勝利に終わりました!

スポンサーリンク

おすすめ記事

フォローする