Head内『meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=edge”』の意味をわかりやすく解説

 
 

Visual Studio CodeのHTMLファイルで、Emmetを利用し、『!』⇒tabを押すと、以下のようなコードがでてきます。

このコードにでてくる、

とは、どんな意味があるのでしょうか。

この記事で、できるだけわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

【簡単に】<meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=edge”>を解説

は、一言で表すと、
IEで見ているなら、あなたの持っているパソコンのできる範囲の最新バージョンで、このページを見てね
という意味になります。

  • 『IEで見ているなら』
  • 『できる範囲の最新バージョン』

この2つがポイント。

よくわからない人は、今から詳しく説明していきます。

【初心者用】<meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=edge”>を解説

まず、パソコンやスマホでインターネットのサイトを閲覧するとき、以下のようなソフト(Webブラウザ)を利用しますよね。

  • Internet Explorer
  • Edge
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Safari

この記事で関連してくるのが、『Internet Explorer』と『Edge』。

『Internet Explorer』というのは、マイクロソフトが開発していたWebブラウザです。

最新バージョンは11。ですが、このバージョンも2022年6月15 日にサポートを終了します。代わりに使用するように勧められているのが、『Edge』です。
(サポートが終了したとしても、利用できなくなるわけではありません。ですが、セキュリティ上の問題が発生しても、フォローがないので、別のwebブラウザを利用するようにしましょう。)

この記事で解説している、<meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=edge”>というコードをhead内に書くことで、IEの最新バージョンでサイトを見るように指定できます。

ただし、注意点が2つ。

  1. 最新バージョンとは、『パソコンにインストールされている中で』の最新を意味する
  2. IEとEdgeは別物

この2つですね。
それぞれ簡単に説明します。

パソコンにインストールされている中で

<meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=edge”>の記述によって、IEの最新バージョンで閲覧するように指定できますが、あくまでパソコンで対応しうるバージョンの範囲内です。

  • windows10 ⇒ IE11 Edge
  • windows8.1 ⇒ IE11
  • windows8 ⇒ IE10
  • window7 ⇒ IE8-11
  • windows vista ⇒ IE7-9

このようにOSによって、対応しているバージョンが異なります。上記の範囲で最新バージョンというわけです。

さらに、そのバージョンをパソコンにインストールしている必要があります。

例えば、パソコンのOSがwindows7でIE11をインストールしているなら、IE7でサイトを閲覧していたとしてもIE11でサイトを閲覧させることができます。

一方、windows8では、IE10のみの使用となるので、IE11での閲覧をさせることはできません。

IEとEdgeは別物

windows10でEdgeとIE11をインストールしている場合、IE11で閲覧しているときは、今回のコードが書かれていたとしてもIE11での閲覧となります。Edgeでの閲覧をさせることはできません。

IEとEdgeは別物なので、それを飛び越えることはできないわけです。

ちなみに、

このコードを、

という風に、IE11の指定をすることもできます。

ですが、ここでもIEとEdgeは別物なので、Edgeで見ている場合、IE11で閲覧するようにはできません。

まとめ

ここまでをまとめると、<meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=edge”>というコードは、

  • Edgeで見ている人→変わりなし
  • IE11で見ている人→変わりなし
  • IE11未満で見ている人→対応できるバージョンの範囲内で最新に変更させる

という感じにまとめることができるわけです。

具体的に言うと、windows7やwindows vistaの人が、古いIEバージョンで見ている場合、できるだけ最新のIEバージョンで見せるようにするためのコードということになります。

IEのバージョン別の使用率を調べた

では、実際に、IEの古いバージョンを使っている人はどれくらいいるのでしょうか?
調べてみました。

StatCounter Global Stats』というサイトで、日本においてEdgeやIEの使用率は、以下の通り。

Chrome 62%
Edge 16%
safari 7.6%
Firefox 6.5%
IE11 4.9%
IE10 0.02%
IE9 0.02%
IE8 0.01%

上記は2021年8月のパソコンでの使用率です。マイクロソフトが新しく開発したEdgeでも使用率は16%で、IE11未満のバージョンに至っては、0.05%(0.05%、1万人に5人)しかいませんでした。

<meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=edge”>というコードは、IE11で見ている人をEdgeで見せるようにするためのコードではありません。

あくまで、IE11未満のバージョンを使っている人のために書くコードなので、この1万人に5人しかいない人のために、このコードを書く必要があるかを検討する必要があります。

以上です。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ記事

フォローする